Welcome to HÄP & CRAFT ONLINE SHOP

子供服の素材には何がある?選び方や各素材の特徴をご紹介

素材の画像

ベビー服や子供服を買う時にどの素材のどんな服を買えばいいのか迷ったことはありませんか?敏感肌なお子さんのために、お肌に優しい素材もお肌に優しい素材を探して子供服を選ばないといけないので、大変ですよね。

ここでは、敏感肌なお子さんをお持ちのご両親のために、子供服のおすすめ素材と特徴や服の選び方についてご紹介します。

子供服におすすめ素材とは?

子供服に使われている素材には様々な種類があり、それぞれ異なった特徴があります。お子さんのお肌に合うかどうかの基準で素材を選ぶのが一番ですが、春夏秋冬、お出かけ用、部屋着用など季節や用途によってどの素材が適しているかは変化します。ここでは、そのような季節や用途を考慮して、子供服におすすめ素材についていくつかご紹介します!

柔らかな肌触り「綿」

柔らかな肌触りで子供服の定番のひとつの「綿」。お肌がデリケートな乳幼児期に着る服素材として選ばれることが多く、綿100%の子供服は多くのママから支持されています。吸水性に優れているため、汗をかきやすい夏に重宝されます。

また、汗をたくさんかいても綿は丈夫なため洗濯機で洗えるという嬉しい特徴もあります。子供服に使われている「綿」には、オーガニックコットンが有名ですが、最近では柔らかさや心地よさを追求した「スマイルコットン」素材の子供服もよく目にされるようになってきています。

肌触り、吸水性も良く、かつ乾きやすいという特徴を持っているため、赤ちゃんを含むお子さんの服に非常におすすめです。「スマイルコットンについてもっと知りたい」という方は「What's Smile Cotton」をぜひご覧ください。HÄP & CRAFTでは、スマイルコットン素材を使用した子供服を販売しておりますので、ぜひ下のリンクからご覧ください。

Smile Cotton® 商品を見る

さらさらで涼やかな「麻」

夏の時期におすすめなのが「麻」。通気性が良く、吸水・吸湿性に優れており、汗をかいても、べっとりと身体に張り付くことがないのが特徴です。 洗濯すると、シワになりやすかったり、少し縮むこともありますが、「麻」ならではの色合いから大人っぽいおしゃれな雰囲気の服が見つかります。 上質な「麻」であれば、チクチク感も少ないため敏感肌なお子さんにも優しく、また、汚れが落ちやすいことから、食べこぼしや外遊びの多い時期のお子さんにはぴったりの素材です。

吸水・吸湿性に優れたパイル素材

パイルとはループ状に糸が織られた生地でいわゆる「タオル素材」のことです。 吸水・吸湿性に優れ、柔らかい肌触りなので敏感肌なお子さんもストレス少なく着ることができる素材です。 厚手の生地であるため、冬場に重宝されます。しかし、爪に引っかかりやすい素材のためお子さんの爪のケアは欠かせません。 パイル生地のウェアを1点取り入れるだけで、ラフな印象を加えることができるため、コーディネートに取り入れるとおしゃれな雰囲気を出せます。

赤ちゃんにも安心のガーゼ素材

赤ちゃんの沐浴用ハンカチや、肌着などに使用されることの多い「ガーゼ素材」。粗めに織ってあることで通気性があり、ベタつかず、柔らかな風合いが特徴で、肌に優しいため赤ちゃんにも安心できる素材のひとつです。 また、撥水加工が施されていたり、水遊び等のアウトレジャーに適した素材もあります。水着は着るほどではないけれども、軽く水遊びしたい際におすすめの素材です。

Tシャツに代表される天竺

経糸と緯糸を交互に浮き沈みさせながら織る平編み、またはメリヤス編みと呼ばれる生地のことです。 表目にV字型のタテ方向の筋が見え、裏目はやや荒い半円状の網目が見える為、表裏で違った表情が見られるのが特徴的です。 ヨコ方向への伸縮性が大きく、最も基本的な編み方の1つでもあります。さらっとした着心地で夏場におすすめの素材です。

ふんわりとした柔らかさと滑らかさがポイントのスムース

2つのゴム編みを裏合わせし、両面とも表地にした編み方です。程よい肉厚感と優れた伸縮性、滑らかな表面で、形崩れしにくいのが特徴です。 インナーによく使われる一般的な素材でもあります。保温性にすぐれているため、冬場の寒い季節に重宝される素材です。

子供服の素材や服の選び方について

子供服におすすめの素材をいくつかご紹介しましたが、どの素材を選べばいいのか分からないという方も多いと思います。 そこで、ここでは子供服の選び方についていくつかポイントをご紹介します!

肌着は綿素材を意識する

子どもの皮膚は弱く、刺激に対しては非常に敏感ですので、肌着は綿素材の服を選ぶと良いでしょう。 また、綿は吸湿性に優れていますので、たくさん汗をかく子どもにとっても綿素材の服は非常におすすめです。

肌着以外はその他の素材を選ぶ

肌と直接密着することの少ないアウター等に関しては、綿にこだわる必要はありません。 例えば、ポリエステルやアクリルは吸湿性が低いため、体を温める服として選ぶのもおすすめです。 また、ポリウレタンは伸縮性に優れているため、外で遊ぶのが好きなお子さんにおすすめです。 他の素材にも短所や長所もありますので、各素材の特徴を理解すれば、最適な素材も見つけることができるでしょう。

素材以外にもタグにも注目!

素材以外にも服に(品質表示などの)ネームタグがあるかないかにも注目してみるのもおすすめです。 タグがあるとかゆみを引き起こしますので、お子さんがかきむしって肌荒れを起こすこともあります。 「子どもが搔きむしるのをやめさせたい」とお悩みを持つママさんはタグが肌側についていない服を選ぶというのも良い服の選び方だと思います。

お子さんの子供服をお探しの方は「HÄP & CRAFT」へ

「子どものためにお肌に優しい服を選びたい」「子どもの服を探しているけど、良い通販サイトが見つからない」などなど、お子さんの服に関する悩みは多いかと思います。 HÄP & CRAFTではベビー服や子供服を中心に、お肌に優しいスマイルコットン素材を使用したSmileCotton®シリーズや、ゴワゴワ、チクチクを無くすためにネームタグのないスムースシリーズ、シンプルながらこだわりのあるSmileCotton®天竺シリーズなど、肌ざわりや機能性を大切にあらゆる視点から着心地を追求した子供服などを販売しております。 敏感肌に優しい子供服、お子さんに合った子供服をお探しの方は、HÄP & CRAFT ONLINE STOREをぜひご覧ください。

HÄP & CRAFT ONLINE STOREはこちら

x

简体中文